« リーダーズアイに掲載されていた家電に関する世界最大規模のショーの話 | トップページ | テネシー州に関する記事 »

2013年4月21日 (日)

リーダーズアイで任天堂が気になる。

リーダーズアイの特集記事では、普段自分があまり触れることのない話題なんかについても視野を広げることができるので、とてもありがたいと感じています。この前興味を持って読んだのは、ゲームに関する内容でした。ゲーム産業という市場を日本で切り拓いたのは、やはり任天堂の功績に依るところが大きいと思います。社会現象ともなったファミリーコンピュータによって、日本中にブームを起こしています。これまでボードゲームしかなかった分野に、テレビアニメの世界を持ち込んだのは、任天堂の功績だと思います。もともと、花札やトランプなど、娯楽品の製造・販売メーカーとして細々と営業を続けていた任天堂ですが、携帯型のゲーム機のヒットによって家庭用ゲーム機の開発に着手したそうです。試行錯誤の末に生まれたファミコンは、アーケードゲームが家庭でできることをセールスポイントというコンセプトでした。その後は、カセットシステムによってゲームの種類を増やしたり、マリオという新しいキャラクターの大ヒットによって、ゲーム産業をクリエイティブな世界に広げたりと、日本のエレクトロニクス産業に革命を起こしたと言えます。ゲームといっても、馬鹿にならないものだと感じました。

« リーダーズアイに掲載されていた家電に関する世界最大規模のショーの話 | トップページ | テネシー州に関する記事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875531/51319978

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーズアイで任天堂が気になる。:

« リーダーズアイに掲載されていた家電に関する世界最大規模のショーの話 | トップページ | テネシー州に関する記事 »